MENU

テナント課直通

phone 092-533-8846

店舗(居抜き物件)を借りたい

居抜きってなに?

現在、営業中のお店の設備をそのまま引き継いで、新たな賃貸借契約を
結ぶことです。通常、店舗物件と言っても、スケルトンの状態の物件も多々あります。そうなると、多額の工事費が掛かります。しかし、お店を閉店される方の中には、「使っている設備だけど、誰か使ってくれる人はいないだろうか」といった方もいらっしゃいます。そういった方のお店なら、その方が作り上げた、お店をそのまま引き継ぐ事が可能なんです。これが、いわゆる「居抜き物件」です。

居抜き物件のメリット

スケルトンの状態から、お店を作るとなると多額の工事費がかかります。居抜き物件が、今からされたいお店のイメージに合えば、改装費が少なくて済みます。「居抜き物件」であれば、多額の工事費を掛けずにオープンに辿りつけます。

居抜き物件Q&A

居抜き物件のメリット・デメリットを教えてください。

すでに内装が出来上がっている状態ですので、そのまま使用もできることで初期費用を抑えることができるのが一番のメリットではないでしょうか。その反面、居抜き物件は数が少ないので、なかなか希望の場所に居抜き物件が見つかるのに時間が掛かってしまう場合も多々あります。

場所は気に入っているけど、居抜き料が高くて気になる。

居抜き料の交渉をしてみましょう。希望額が合えば、一歩前進です。

どの設備が譲渡されますか。

その都度、譲渡品、譲渡外品、リース品等の確認を行いますので内容をご確認頂き、ご検討下さい。

どこまでが、原状回復ですか?

入居時の状態に戻すのが基本です。但し、飲食店等の店舗で前入居者から内装を引き継いで入居されている場合は、スケルトン返しといった契約条件が付いている場合が多いです。契約内容により異なりますので、ご契約の内容確認が必要です。

居抜き物件のご紹介

住所:
福岡市中央区天神5丁目
家賃:
183,600円(居抜料:335万円)
状態:
飲食店(うどん店)
詳細を見る